レディー

ワセリンの高い保湿力は美肌や美しい髪を保つことにも使える

保湿剤の主な成分

鼻をかむ男性

保湿剤として使われている製品には様々な成分が含まれています。なかでも有名なものといえばワセリンでしょう。ワセリンは高保湿で肌に優しいので赤ちゃんにも使えます。その肌触りは軟膏と同じように少しべたついています。なぜかというとワセリンは油で出来ているからです。その油は水と混ぜることができないので、クリームのように滑らかな肌触りにすることができないのです。そのかわり、他の保湿クリームよりも高い保湿力を持っています。それは、ワセリンが肌に膜を張って水分の蒸発を防いでくれるからです。また、ホコリや化学物質、花粉などの刺激物質が触れるのを防いでくれるので、アトピーや敏感肌の人でも使うことができます。保湿剤ではワセリンの他にヘパリン類似物質というものも使われます。これは水と相性の良い成分で、混ぜることで強い保湿力を発揮してくれるのです。しかも、血行促進の効果があるので、しもやけにも効果が期待できます。手足が冷たくなりがちな冬に大活躍できる保湿成分です。ただ、血行が良くなると痒みが強くなってしまうので、炎症を起こしている肌やアトピーには刺激になってしまう場合があります。もう一つ、保湿剤の有名な成分があります。それが尿素です。尿素というのは元々人の体内にもある保湿成分です。これを塗ることで、保湿と角質を軟化させる効果が期待できます。硬くなってしまったかかとや肘、角質の厚くなっている部分に使うといいでしょう。目的や肌の調子に合わせた成分の保湿剤を使いましょう。