男の人

ワセリンの高い保湿力は美肌や美しい髪を保つことにも使える

肌に優しい油

頭を押さえる婦人

ワセリンの原料が石油や原油だと知って不安になる人がいます。しかし、昔と比べ精製度が高いので肌に悪影響を及ぼす不純物はあまり入っていません。黄色ワセリンよりも白ワセリンのほうが精製度が高くなります。

詳細

花粉症の対策に使える

マスクを付けた女の人

ワセリンは保湿剤としてだけでなく花粉症の対策としても注目を集めています。花粉症の症状は肌に花粉が触れることが原因です。ワセリンで肌を守ることで症状を緩和することができるでしょう。

詳細

保湿剤の主な成分

鼻をかむ男性

保湿剤でよく使われている成分は大きくわけて3つあります。その代表といえるのがワセリンでしょう。肌に優しいのでアトピーの人も使えます。また、尿素は保湿と角質の軟化に効果があります。

詳細

まつげや髪にも使用できる

マスクの中年女性

高い保湿力を発揮する保湿剤の1つにワセリンがあります。ワセリンは純度の高いものであれば、敏感肌やアトピー、赤ちゃんの肌にも使うことができるのです。肌に優しいので顔や首、目の周りなど体全身に使うこともできるでしょう。ワセリンを使うと、肌の表面でバリアとしての機能を果たしてくれます。異物が接触することで症状が出るアトピーや敏感肌にも効果があるでしょう。また、その原因である肌の乾燥も抑えます。なぜなら、ワセリンで肌にバリアを張ることで肌の水分が蒸発するのを防いでくれるからです。炎症を防ぎ、肌の潤いを取り戻すことで敏感肌やアトピーが改善され綺麗な美肌へと促してくれ効果が期待できます。また、肌の潤いはシワとも深い関係があるのでその症状の改善にも繋がるでしょう。ワセリンの保湿力を更に高めたいという場合は化粧水のあとに使うことで、水分を閉じ込めて潤いを保ってくれます。手の乾燥を防ぐのにも使えるのでハンドクリームとして活用している人も多いでしょう。かかとや肘のかさつきにもワセリンが使えます。ワセリンが使えるのは肌だけではありません。最近はまつげ用の美容液や保湿液というものが売られるようになりました。まつげは保湿することでピンと伸びるのです。そこでもワセリンが使えます。ワセリンの油分で保湿して元気で綺麗なまつげにしましょう。まつげに使えるということは、髪にも使えるということです。髪がパサパサしている場合軽く毛先につけることでまとまりが生まれます。ドライヤーのあとが効果的です。